モバイルファーストインデックスの影響

モバイルファーストインデックス通称MFIとは鈴木謙一さんらによると従来はPC用のサイトを読み込んでインデックスし検索順位を決めていたが、MFIが導入されるとモバイル用のページに掲載されているコンテンツやリンク構造などをインデックスして順位を決めるようになるとのことです。

Google、モバイルファーストインデックスの導入予定を正式発表。スマホ向けページを検索の評価対象に。SEOへの影響は?

PCサイトに重要な情報はあるがスマホサイトの重要な情報が抜けている場合、スマホサイトのリンク構造がPC用に比べ極端に貧弱な場合サイトのボリュームが減り全体の評価が下がる

影響を受けやすいのは楽天やヤフーショッピング

MFIで一番影響を受けるのは楽天やヤフーショッピングではないかと思います。

楽天やヤフーショッピングの商品登録画面にはPC用とスマホ用の二つがありスマホ用は予備的な扱いになっておりほとんどのお店が情報を入れていない事が予想されます。

モバイルファーストインデックスの説明につかうヤフーストアスマホ設定画面

ストア内検索で集客している場合は影響がありませんが、検索エンジンからの流入に頼っているお店は大きな影響を受けると予想されます。いち早くPCページの情報をスマホページに入れ対策を取るべきです。

影響がないWebサイト

まったく影響がないパターンとして、レスポンシブデザインを取り入れているWebサイトは影響がないばかりかMFI未対応のWebサイトが順位を落としますので好材料になるのではないかと思います。
但し、レスポンシブにしていてもスマホサイトのリンク構造が貧弱な場合は悪影響を受けます。
小規模なWebサイトであればPC用もスマホ用も同じ作りになっていると思いますが、大規模サイトになるとページ数も多いためスマホの画面に表示しきれずグローバルメニューやサイドバーメニューなどから全部のページへリンクを入れず省略しているケースが多々あります。
この場合は早急にリンク構造の見直しが必要です。

モバイルフレンドリー未対応サイト

モバイルフレンドリーに未対応のサイトはPC用のページがインデックスされるそうです。

中途半端にモバイル対応するよりもPCの方からのアクセスがいまだに多いのであれば特に対応しなくてもいいでしょう。

コメントを残す